コンプライアンス

インハウスローヤーと関わる職業 司法書士や税理士との連携

法務関連の職業とは常に協力体制を持つ

企業内弁護士(インハウスローヤー)は、企業の中でも法務部門に所属して仕事をすることがほとんどです。その仕事の多くは、契約書のチェックやコンプライアンス教育などですが、他にも様々な法的な仕事があります。たとえば、不動産や法人に関する登記作業です。この分野の業務に関しては、司法書士がイニシアティブを取ることが多く、外部の司法書士であれば会社所属の人であれ、インハウスローヤーと互いに協力し合って業務を行っていくことになります。登記の申請業務自体は司法書士が行うことが多くなりますが、権利関係の確認や取り扱いについては両者で一緒に行うケースもあります。

また、税務関連、ファイナンス関連の業務に就いているのであれば、税理士やファイナンシャルプランナーといったお金のプロとの関わることもあるでしょう。特に税務に関しては、税理士の働きはとても大きなものとなります。さらに、会計状態を見るために公認会計士との連携も必要となることがあります。平常時はそれほど絡みはないですが、何らかの会場上のトラブルがあった場合は、弁護士と会計士が状況チェックや話し合いをする場面も出てきます。

社内の様々な業務を取り扱う

インハウスローヤーの主な仕事の一つは、知財権に関係するものです。著作権や特許権、商標権などを取り扱うことになりますが、会社によっては法務部とは別に知財部を設けて専門的に業務を行うところもあります。それだけ会社の経営に関わる重要なものとなっているのです。そこでは、弁護士の他に、弁理士や知的財産管理技能士などが在籍していることも珍しくありません。これらの職業は知財権に関するプロフェッショナルで、特化したノウハウを持っています。特に権利の申請に関する手続きでは、専門的な知識とノウハウを蓄積していますので、実務的な面で率先して働くことになります。法律上のトラブルが起こりそうなところを見つけて修正するなどの部分を弁護士が扱うことが多くなります。

また、意外と広報やカスタマー対応部署との関わりが多いのもインハウスローヤーの特徴です。やはり、お客さんからのクレームに対応する上で、法律上のアクションが必要となることも多いので、弁護士が出てくる場面があるからです。結構インハウスローヤーが関わる職業というのは多いので、担当する業務によっていろいろな人と知り合うことができます。

採用需要も拡大、インハウスローヤーとは何をする仕事?

急速に増加している企業内弁護士(インハウスローヤー)

企業内弁護士(インハウスローヤー)とは、法律事務所に所属したり自分で事務所を開設したりしている人たちではなく、特定の企業に雇われている弁護士のことを指します。そのため、異なるいろいろな事案を扱うのではなく、その所属している企業の案件のみを扱うことになります。

このインハウスローヤーの数は急速に伸びていて、2007年から2017年までの10年間で、実に10倍近くの数に増加しています。それだけ、企業が専門的な部署として法務を重要視していることが分かります。法律が関係するトラブルが多くなっているという時代背景も関係していて、専属の弁護士を雇う必要が生じてきているのです。そのため、弁護士としても事務所に所属するのではなく、どこかの企業に雇われるという働き方の選択肢が新たに加わっています。

様々な法律事案を扱う

法律事務所に所属している弁護士の多くは業務委託契約を交わしていて、事務所と弁護士は雇用関係にありません。しかし、インハウスローヤーの場合は、会社に雇われる形となり、いわゆる労働者として働くことになります。

具体的には、企業コンプライアンスのチェックや契約書の作成や確認、個々のケースの法律相談などがあります。特に今は企業が販売する商品や公にするCM、社員の行動などの面でコンプライアンスが社会的に厳しく見られるようになっていますので、法律の専門家という立場からチェック、指導をすることはとても大事になってきています。他にも、知的財産に関係する業務も重要な仕事です。製品を発売する前のチェックや、知財権の登録、万が一他の企業との係争が発生した場合の解決なども行うことになります。製品の販売の行方を左右する大事な業務ですので、弁護士としての能力が問われる場面となります。

また、税務も含めて金融、ファイナンス関連の仕事に携わる弁護士もいます。M&Aが生じる時にも、会社法などの絡みからインハウスローヤーが活躍する場面も多くなります。豊富な知見を武器に、会社の経営そのものに関係することができますので、やりがいを感じる業務となるでしょう。さらに、所属する企業が訴えられた、逆に対抗する企業などを訴えるという時には、訴訟にダイレクトに携わることになります。とはいえ、訴訟案件は顧問弁護士に依頼することが多いので、裁判所や和解の場ではインハウスローヤーはサポートに回ることになります。