インハウスローヤーと関わる職業 司法書士や税理士との連携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

法務関連の職業とは常に協力体制を持つ

企業内弁護士(インハウスローヤー)は、企業の中でも法務部門に所属して仕事をすることがほとんどです。その仕事の多くは、契約書のチェックやコンプライアンス教育などですが、他にも様々な法的な仕事があります。たとえば、不動産や法人に関する登記作業です。この分野の業務に関しては、司法書士がイニシアティブを取ることが多く、外部の司法書士であれば会社所属の人であれ、インハウスローヤーと互いに協力し合って業務を行っていくことになります。登記の申請業務自体は司法書士が行うことが多くなりますが、権利関係の確認や取り扱いについては両者で一緒に行うケースもあります。

また、税務関連、ファイナンス関連の業務に就いているのであれば、税理士やファイナンシャルプランナーといったお金のプロとの関わることもあるでしょう。特に税務に関しては、税理士の働きはとても大きなものとなります。さらに、会計状態を見るために公認会計士との連携も必要となることがあります。平常時はそれほど絡みはないですが、何らかの会場上のトラブルがあった場合は、弁護士と会計士が状況チェックや話し合いをする場面も出てきます。

社内の様々な業務を取り扱う

インハウスローヤーの主な仕事の一つは、知財権に関係するものです。著作権や特許権、商標権などを取り扱うことになりますが、会社によっては法務部とは別に知財部を設けて専門的に業務を行うところもあります。それだけ会社の経営に関わる重要なものとなっているのです。そこでは、弁護士の他に、弁理士や知的財産管理技能士などが在籍していることも珍しくありません。これらの職業は知財権に関するプロフェッショナルで、特化したノウハウを持っています。特に権利の申請に関する手続きでは、専門的な知識とノウハウを蓄積していますので、実務的な面で率先して働くことになります。法律上のトラブルが起こりそうなところを見つけて修正するなどの部分を弁護士が扱うことが多くなります。

また、意外と広報やカスタマー対応部署との関わりが多いのもインハウスローヤーの特徴です。やはり、お客さんからのクレームに対応する上で、法律上のアクションが必要となることも多いので、弁護士が出てくる場面があるからです。結構インハウスローヤーが関わる職業というのは多いので、担当する業務によっていろいろな人と知り合うことができます。

法律事務所・法務部の求人を探すならキャリア弁護士

弁護士の就職・転職活動は、一般的な就職転職活動と違い、充実したサービスがほとんどなく、各自個別にアプローチしているのが現状です。そんな中で本当に自分に合っている事務所や企業を見つけるのは難しいと思います。

「キャリア弁護士」では、全国1,200件以上の事務所・企業をサイト内で検索でき、応募から面接・内定までをワンストップで完結することができます。興味がある事務所・企業に直接アプローチでき、逆にあなたに興味がある事務所・企業からはスカウトメッセージが届きます。


「キャリア弁護士」をチェック!