増加するインハウスローヤー、国際的な活躍も?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どんどん増えていく企業内弁護士(インハウスローヤー)

弁護士というと、大半は法律事務所に所属して案件を扱う人をイメージすることがあります。確かに現在でも事務所で業務をする人の割合はかなり高いのですが、近年では企業内弁護士(インハウスローヤー)の割合もかなり上がってきています。実際に、自社内に弁護士を常駐させる形で雇っている企業の数はどんどん増えていて、この10年間で10倍程度になっています。インハウスローヤーの数自体もかなり増えていて、求人数も安定していることから、弁護士の就職先の大きな選択肢となっています。

インハウスローヤーの待遇は、給料だけで見ると法律事務所に属している人よりも低めの水準となります。しかし、インハウスローヤーは就業時間がきちんと決まっているというメリットがあります。普通のサラリーマンと同じように、一日8時間労働できちんと週二日の休みがあります。しかも、有休制度の適用を受けられますし、長期休暇の取得も特に難しくありません。一方で法律事務所で働くとなると、夜遅くまで休みなしで働くことも珍しくありませんし、休みを取ればその分収入が減ることになります。こうしたことから、時給換算で考えるとインハウスローヤーの方が割が良いと見る向きもあります。なによりも、メリハリの利いた生活ができますので、心身の負担が少ないというのは大きな利点です。こうした理由からも、インハウスローヤーを希望する弁護士が増えているのが現状です。

より重要性が増すインハウスローヤー

このように、どんどん活躍の場を広げているインハウスローヤーですが、この流れはさらに続くと見られます。法律上のトラブルというのは、企業ブランドイメージに影響を与えますし、ダイレクトに経営に関わることもあります。こうしたリスクを避けるためにも、大企業だけでなく中小企業の中にもインハウスローヤーを雇用するところが増えてきています。

また、海外進出する企業が多くなっている中、国際的に活躍するインハウスローヤーがより求められていることに注目できます。単に弁護士としてのスキルだけでなく、言語スキルや海外金融、海外M&Aなどの経験を持った弁護士がより必要とされることになるでしょう。多角的に弁護士が活躍できる場が広がりますので、それぞれの能力を一層発揮できることになります。他との差を付けてスキルや経験を持っていくということがより求められる世界となっているのです。

法律事務所・法務部の求人を探すならキャリア弁護士

弁護士の就職・転職活動は、一般的な就職転職活動と違い、充実したサービスがほとんどなく、各自個別にアプローチしているのが現状です。そんな中で本当に自分に合っている事務所や企業を見つけるのは難しいと思います。

「キャリア弁護士」では、全国1,200件以上の事務所・企業をサイト内で検索でき、応募から面接・内定までをワンストップで完結することができます。興味がある事務所・企業に直接アプローチでき、逆にあなたに興味がある事務所・企業からはスカウトメッセージが届きます。


「キャリア弁護士」をチェック!